韓国には 人糞を使ったお酒 がある

人糞を使ったお酒

人糞を使ったお酒 とはどんなものなのか

トンスル(똥술、糞酒、Ttongsul)は、韓国で飲用されているとされる人糞を使った薬用酒[2]韓方薬
地方によって作り方に差異がある一種の民間療法で、骨折・打撲・腰痛に効果があるとされる。製造は1960年代に廃れたとされ、現在の韓国では普及しているとは言い難いが、今日でも一部の伝統主義者が飲用しているというVICE Japanの動画がイギリスタブロイド紙、デイリー・メールで紹介された[1][3]

引用元:wikipediaより

Tips

・ 韓国には 人糞を使ったお酒 がある。
・ 主に薬として用いられる。
・ 作り方は地域によって差がある。
・ 今の若者は飲んだことが無い人がほとんど。

韓国には人糞を使ったお酒がある。
その名は "トンスル“ 。
日本人にとっては衝撃の大きい文化だろう。
身体にいいからとおススメされたとしても、やはり抵抗がありますよね((+_+))

ちなみにYoutubeで実際に飲んでいる方がいたのでリンクを貼っておきます。

なぜ飲用されるようになったのか

生薬では人や動物の大便や小便を、薬として用いることは珍しくない。
中国文化の影響下にあった朝鮮半島でも、中国医学の影響により、人糞は水薬の原料として用いていたようです。
その為、お酒とはいっても飲食店で出されるようなものではなく、薬として服用するものなのだとか。
日本でいうところの ”養命酒” みないなものでしょうかね?

Wikipediaに記載されている精製方法

様々な製法が伝えられている[1]
 ・田舎の汲み取り式便所に竹を差込み竹の中に排泄物が詰まって出てきたものにお酒を混ぜて飲む[4]
 ・竹筒に小さな穴を開け、松葉できっちり穴を塞ぎ、便壺に入れておき、3-4ヶ月経つと、竹筒の中に清い液が溜まるので、それをマッコリと混ぜて熟成させる[5]
 ・急ぎの場合は直接に酒と大便を混ぜて3日程度で飲む場合もあった[5]が、急造されたトンスルは薬としての効果は弱く、非常に臭いがきつく飲みづらい。
 ・赤ちゃんの排泄物を焼いた物と複数の韓薬(秦皮(?)、ホンア、猫の骨等)を酒に漬ける[6]。全ての疾患に治療効果を発揮するとされる。
 ・6歳の子供の大便に水を混ぜ、丸1日発酵させる。次に、炊いた白米と酵母、糞尿を混ぜて酒にする[7][1]。骨折・打撲・腰痛のほか、てんかんにも効能があるとされる。

引用元:wikipediaより

精製方法も様々で、地方によって差があるそうですよ。

いやぁ~、やはり他国というのは興味深い文化がありますね。
日本は地理的にどうしても他国に疎くなりがちなので、自ら積極的に情報を集めて、他文化への理解を深めたいものです。

, 韓国

Posted by Sakura