シロアリはボールペンで引かれた線の上を歩く

シロアリ
Roy BuriによるPixabayからの画像

本当にそんな行動をするの?

嘘みたいな不思議な話ですが、これは本当なんです。
論より証拠。
Youtubeで ”シロアリ ボールペン” などで検索してみてください。
確かに、シロアリがボールペンの線の上をなぞりながら歩いている様子を確認できるはずです。

どうしてシロアリはボールペンの線を歩くのか

シロアリは『道しるべフェロモン』をおしりから出しながら歩き、他のシロアリはそれをたどるようにして歩いています。
シロアリは目が良くないので、その匂いが無ければ迷子になってしまうのです。
そして、ボールペンのインクの中には『フェニルセロソルブ』という成分があり、その成分がシロアリの『道しるべフェロモン』と構造的に似ている為、シロアリはボールペンで書かれた線の上を歩くということです。

Tips

  • シロアリは昆虫網シロアリ目の昆虫。(系統としてはアリよりゴキブリに近い)
  • 約3憶年前に共通の祖先から分かれたとされている。
  • フェニルセロソルブ』が使用されていないボールペンもある。

Attention

①実際にやってみたい方は、線を描いた後に霧吹きで紙を濡らすこと。
②実験の最中にシロアリが一匹でも逃げると、後々大変な被害になる可能性がありますので十分に気を付けるように!!

当時のトリビアの泉をYouTubeで見つけたので、リンクを貼っておきます。