イルカは脱皮する

シロイルカ
ToddyShuさんによる写真ACからの写真

イルカは脱皮する

これは知らなかった方も多いのではないでしょうか。
脱皮といえば、爬虫類や蜘蛛、甲殻類がするものというイメージですよね。
これを哺乳類であるイルカがするなんて、びっくりですね!

脱皮するのは「シロイルカ」

シロイルカは北極海やオホーツク海など、主に冷たい海域に生息しています。
その為、体温を保つために通常のイルカよりも皮膚は分厚く、脂肪も厚い身体をしています。

なんで脱皮するの?

「シロイルカ」が脱皮する理由は、『皮膚の再生の為』です。
シロイルカは遊泳中に、氷などに身体がぶつかり、皮膚が傷ついてしまいます。
その為、脱皮して皮膚の再生を促しているのだそうです。
しかし、私たちのイメージしている脱皮とは少し違います。
シロイルカの脱皮は、皮を脱ぐのではなく、皮を剥がすという感じなので、”抜け殻”のようなものは残りません。

このHPとは関係ありませんが、島根県の海洋館アクアスという水族館のブログに、シロイルカの脱皮の様子が掲載されていたので、気になる方は覗いてみるとよいかもしれません。>>>リンク

Tips

  • 脱皮するのは年1回。
  • シロイルカは、春は暖かい海で子育てをする。
  • シロイルカは、夏は暖かい海でたくさん狩りをして脂肪を着け、冬に備える。